難接着素材の高強度・高耐候性接着を実現するPT-Bond技術

Wednesday, 05-29-2024
50 min
オンライン
Japanese
フリー

市場が求める製品の性能向上、機能の多様化、軽量と強化の 両立化などといった様々な目的で、新素材がより多く導入 されています。 

そのため、多くの製造業界でも接着・接合の課題がますます 大きくなっています。プリカーサーとして揮発性有機化合物 (VOC) が使用されて きましたが、接合力維持のメカニズムに貢献するとは言い難く、コストや管理の面でも多くのデメリットがあります。人体や環境への影響から、規制も厳しくなっています。

PlasmaPlus® (プラズマプラス) コーティング技術は、既に広汎な接着用途にて採用されている大気圧プラズマ Openair-Plasma® (オープンエアープラズマ) 技術を応用した、プラスチック、ガラス、金属など、あらゆる材料表面に薄膜を 形成するナノコーティング技術です。難接着素材に対しても、または、より高強度な接着や耐候性を 高める接着前処理として、すでに様々な産業用アプリケーションの 表面コーティング技術として導入されています。また導入においては硬化・乾燥工程を必要としない技術であるため、表面処理後すぐに接着・接合などの次工程へ繋がるような インライン化および自動化を達成しています。更に、乾燥に必要となる大きなエネルギーも削減する事が可能です。 

今回のPlasmaTalkでは、PlasmaPlus®について ご案内するとともに、PlasmaPlus®ナノコーティングの採用が もたらす数々のメリットを、実際のアプリケーションの事例をご紹介しながらご説明いたします。難接着素材を扱う方、強度の高い接合ソリューションを お探しの方など、接着・接合に課題をお持ちの皆様は
ぜひご参加ください。 

ウェビナートピックス:

  • 大気圧プラズマだけでは対応出来ない事例
  • PlasmaPlus®ナノコーティング技術とは
  • PlasmaPlus®ナノコーティング技術の適用可能素材
  • PT-Bondによる接着・接合のメリット
  • 実際のPT-Bondアプリケーション事例

 このウェビナーは質疑応答を含め50分を予定しております。このウェビナーに関するご相談・ご質問がございましたらウェビナー前にこちらまでご連絡ください。 

 

※注意事項※

  1.  このウェビナーは無料ですが、ご参加いただくには事前登録が必要です。
  2. ご参加の受付登録完了の通知は後日、表示名「ZOOM <no-reply@zoom.us>」より、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
  3. 当方の都合上、ご参加のご希望に添えない場合もございます。その旨の通知も送付させていただきますが、何卒ご了承願います。
  4. 上記2通の受信がご確認いただけない場合は、迷惑メールボックスに届いている可能性がございます。お手数ですが、ご確認のほどお願いいたします。
  5. ご登録前に必ず登録規約の内容をよくお読みいただき、同意の上、ご登録くださいますおよう願いいたします。 

タイムスロット

Wednesday, 05-29-2024 - 03:00 pm
オンライン (日本語)

講演者

Hisanori Miyoshi

セールス&アプリケーションセールス

専攻は物理。医療機器、飲料食品製造、非破壊検査などのさまざまな分野経験を経て、現在は日本プラズマトリートでOpenair-Plasma®やPlasmaPlus®のアプリケーション開発のサポートを担う。