プラズマテクノロジーOpenair-Plasma®ならフルオートでクリーンルームでのラッカー処理が可能

最新型タッチスクリーン、LCDディプレイ、TVスクリーン用のプラスチック部品には、透明性の高い傷防止・静電気防止コーティングを接合前に施さなければなりません。そのため、その製造プロセスには厳しい要件が定められています。電子機器業界では高度な自動化が進んでいるため、最高の信頼性のもと、高速で高度な活性化を行う、インラインでの利用が可能な表面処理プロセスが求められています。

 

透明ディプレイ:完璧な保護機能を備えた機能性コーティング用プラズマ処理

Openair-Plasma® プロセスによる超微細大気圧プラズマクリーニングとプラズマ活性化は、電子機器業界に極めて効果的なソリューションをもたらしています。 プラスチックディプレイにコーティング装置内で静電気防止・傷防止コーティングを行う前に、プラズマ処理を施します。Openair-Plasma® テクノロジーを利用すれば、高い表面エネルギーを達成することができるため、コーティングを均一に拡げ、均質なフィルムを形成することができます。 それにより完璧な外観を実現するとともに、製造における不良率が大幅に低下します。

Openair-Plasma®処理を使用した電子機器の製造・組立でのメリット:

  • 選択的な表面前処理にも、大規模な表面前処理にも適した技術;コーティングと接着の品質を高め、不良率を低減;湿潤化学プロセスと比較して、制御性に優れた物理プロセス;プロセスチェーンを大幅に簡素化;廃棄物を生成しない、環境に配慮した技術

TVスクリーンに静電気防止コーティングを施す前にOpenair-Plasma®微細クリーニングを実施することにより、スクラップの発生を大幅に抑制

各大手製造業者は、長年にわたりOpenair-Plasma® プロセスを利用し、ブラウン管の静電気防止コーティングの品質を改善してきました。 現在では、LCDモニターやLEDモニターの製造でも、同様の品質を実現しています。

コーティング処理中に極めて微細な埃の粒子が侵入しただけでも、コンポーネント全体を廃棄しなければならないおそれがあります。クリーンルームを使用した場合でも、Openair-Plasma® による微細クリーニングを組み入れることにより、スクラップ率をさらに大幅に下げることができます。 

透明な外観の傷防止表面 ‐ プラスチック・LCDディプレイ用Openair-Plasma®処理

製造プロセスの最終段階では、ディプレイに特殊コーティングを施します。このコーティングにより、PC(ポリカーボネート)やPMMA(ポリメチルメタクリレート)製ディプレイなどの傷防止機能を高め、表面の品質を改善します。

このコーティングを確実に接着させるためには、表面に前処理を施さなければなりません。Openair-Plasma® を利用すれば、低圧プラズマ処理を利用した複雑なプロセスに代わる、完全なインラインプロセスを実現することができます。  

それにより、ディスプレイ製造におけるプロセスチェーンを大幅に簡素化し、スクラップ率を大幅に下げることができます。

プラズマクリーニングによるLCDディプレイの強力接合

ホットシーリングシステムを用いて、デジタルゲージ、インジケーター、ラジオ、オンボードコンピュータ、携帯電話、ラップトップモニター用ディプレイを可撓性フィルムや導電性ゴムに接合します。可撓性フィルムは、柔軟性を維持した状態でサーキットボードと接触面とを接合します。接触面は通常、2枚の薄いガラス板で構成されています。

Openair-Plasma® 前処理では簡単な原理を利用し、接触面から微量の炭水化物や不純物をすべて除去します。 それにより、高品質の均一な接合が可能となり、スクラップ率を下げることができます。ホットバーはんだ付けや微細溶接でも、このプロセスに同じ原理を適用することができます。

画面の割れにくさと傷への強さ――ディスプレイ表面にかかる高い期待

近頃の最新スマートフォンやタブレット端末のディスプレイには、見栄えはもちろんのこと、荒い使い方にも耐えられる軽量かつ薄型の素材が求められています。こうしたハンドヘルドディスプレイには、市場で入手可能な中でもとりわけ強靭なゴリラガラスなどのガラス素材が使用されています。このガラスは耐傷性が非常に高いという特長がありますが、それでも割れないわけではないため、軽量性と割れにくさを兼備することが求められる場合、ディスプレイにはポリカーボネート(PC)が使用されます。

 

耐傷性能に優れたポリカーボネート製のスマートフォンディスプレイ

プラズマトリート社が提供する低圧プラズマ処理の表面コーティングにより、ポリカーボネートを使用して、携帯電話やタブレットなどの携帯端末向けディスプレイを製造することができます。ポリカーボネートは処理なしでは表面に傷がつきやすいという難点がありますが、チャンバー内でプラズマコーティングを施すことにより表面を超硬質化させることで、ほとんど傷がつかなくなります。

ディスプレイ製造の関連情報

次回のPlasmaTalksとイベントのご案内

利用できるイベントはありません。

今後の展覧会とイベント

見本市やイベントでプラズマを身近に感じてください!

見本市
30. - 31. Oct 2024

Advanced Engineering 2024

The UK’s largest annual gathering of engineering and manufacturing professionals.

 

Booth P154

 

NEC Birmingham

North Ave, Marston Green

Birmingham